男女の区別なく交流するエンジニアの姿勢

女性の社会進出と共に、職場では男性と共に働く女性が増えています。
しかし、まだ女性が働きにくい職場も中にはあります。女性が少ない傾向にある職場として、技術分野があります。理系を目指す女性が増えつつあるとはいえ、まだ技術開発の職場では男性の姿が多く見られます。そのため、女性としては時として肩身の狭い思いをしているかもしれません。

しかし技術開発において、スタッフ間のコミュニケーションは重要な要素です。男女の区別なく、仕事に関し十分な意見交換ができるよう、心掛けが必要です。女性が男性の多い職場で上手くやっていくには、普段からのこまめなコミュニケーションが欠かせません。
挨拶はもちろんのこと、プライベートのことなど積極的に会話を交わすようにすれば、次第に互いの間にある壁を感じなくなります。こうしてわだかまりをなくし、職場の仲間として共に仕事に専念できます。

また職場で共に働く男性エンジニアとしても、女性の同僚を特別扱いせず、仲間として迎える姿勢が必要です。これからは、女性のエンジニアがさらに職場で増えてきます。そのため、従来では男性スタッフばかりだった職場も、次第に変わります。職場の変化に備えて、うまく技術者同士の連携が取れるような心構えは、整えておいた方がいいでしょう。
女性エンジニアと共に働いてみると、性別の関係なく、仲間として頼りがいがあるのが分かります。また女性ならではの発想で、技術開発に新たな可能性が見えてきます。