エンジニアの世代間ギャップを埋める対策

技術開発の職場では、ルーキーからベテランまで、幅広い年齢層の技術者が共に開発に取り組んでいます。
こうした多様な年齢層のスタッフが働いている場所であると、世代間でのギャップを感じることもあります。同じ日本で暮らしていても、年代が異なると考え方に大きな違いが存在します。若者と高齢者では、互いに生きる世界が異なります。こうした世代間のギャップが、仕事で支障をきたす事も考えられます。

技術開発では、エンジニア同士のコミュニケーションが重要なポイントです。
互いの開発に関わる情報を交換しなければ、開発プロジェクトが滞ってしまいかねません。しかし、年齢が離れた相手との会話では、どのようなことを話せばいいのかが分かり難いです。エンジニアの世代間ギャップは、何気ない会話にこそ溝を埋める手掛かりがあります。職場での挨拶や休憩時間の会話が、世代の間にある大きな壁を崩すきっかけです。

たとえ年齢が大きく離れていたとしても、実際に会話を交わしてみれば、話が意外と通じることがわかるでしょう。特に同じ趣味を持っているエンジニア同士であれば、世代間ギャップは関係ありません。こうして、年齢の差を感じることなく、コミュニケーションを互いに取るようにすれば、仕事上での失敗は未然にカバーが可能です。
また開発チームを率いているリーダーや、あるいは開発会社は、スタッフ間での世代間ギャップをできるだけなくすよう、互いに交流を図る機会を設けるのが有効です。